インタビュー「1000人ヘアカットの旅人美容師 桑原 淳さんの人生とは」

Pocket

スポンサーリンク

インタビュー

「1000人ヘアカットの旅人美容師 桑原 淳さんの人生とは  〜I see you when I see you !!〜」
(インタビュアー: 川良健二)
プロフィールはこちら→自己紹介
Facebookページはこちら→次郎作ブログ
気に入っていただけたらイイね!よろしくお願いします。

 

この度、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにて偶然同じゲストハウスに滞在していた、美容師で旅人の桑原 淳(くわばら じゅん)さんにインタビューをさせていただきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、桑原 淳さんは世界の様々な都市・場所でヘアカットをしながら旅を続けています。

 

image
ウユニ塩湖

 

image
マチュピチュ

 

image
エッフェル塔

 

こういった旅を続けながらSNSを中心に情報発信をしているうちに、ファンや応援する人々が増えていき、Facebookで7000人、Instagramで20000人ほどのフォロワーを抱えるに至りました。今では「桑原 淳」さんが列記とした1つの「メディア」化しているとも言えるでしょう。

 

そんな状況を象徴したのが、以前ネット上で大反響を呼んだこちらの記事

これに気づいてない日本人は永遠に英語を話せるようにはならない。」(←記事詳細はクリック)

 

つたない外国語を話す少年に対し、笑いを投げかけた日本人たちをたしなめるC・ロナウド。その動画と、ご自身が以前お付き合いされていたイギリス人女性との経験から、「日本人が英語を勉強するために1番大切なこと」を導き出したこの記事に共感を覚えた方も多かったのではないでしょうか。

 

 

さて今回、今までのインタビューでは迫ることのなかった彼の中学・高校時代や東京で美容室勤務をしていた時代のことなど、旅という枠を超えてその人生に迫ってみました。

(ジュンさんの旅に関するインタビューはこちらをご覧ください
「”桑原淳”に髪を切ってもらいました」ーDMM英会話ブログより
「世界を旅して1000人カットを目指す日本人美容師第2弾!1年の旅が「桑原淳」の人生を大きく変えた!!」ーBUNGLOW MAGAZINE より)

 

 

ーやんちゃでグレたりもした小・中学生時代、そんななかでも美容師に対する想いは早くから芽生えていたという

image

川良 健二 (以下、川)「よろしくお願いします。」

桑原 淳 (以下、ジュン) 「はい、よろしくお願いします」

川「今回は以前にもインタビューをお受けになっている旅のことではなく、ジュンさんの人生にスポットをあてていきたいと思います。」

ジュン「人生かぁ、すごいなぁ 笑」

川「はい、急によそよそしくなってごめんなさい 笑」

川「まず本当に初めの所なんですが、生年月日や出身などをお聞かせください。」

ジュン「1988年6月14日生まれ、出身は山梨県富士吉田市で田舎です。おじいちゃんおばあちゃん、両親と妹2人の計7人で住んでいました。小中高まではここ地元にいましたね。」

川「なるほど、小学校時代というのはやんちゃか大人しいかで言えば、どちらになりますか?」

ジュン「やんちゃでしたね。バスケをやっていたんですが、授業に出ないで外で遊んでたりしたこともありました 笑」

川「そうなるとやっぱりクラスではリーダー的な存在だったんではないですか?」

ジュン「いやーそんなことはないですね。リーダーとかっていうことにはあんまり興味がなくて、勝手にやってという感じでしたね。小学生だし、そんなに悪さするわけでもないから、いい子だったんじゃないですか?笑」

 

 

image
やんちゃで授業もサボってしまうが、クラスの派閥などにはあまり興味がなかったというジュンさん。東京での生活や仕事を辞めて旅に出たという、独自の路線に行くことも厭わない今のスタイルに早くも目覚めていたかのような個性の萌芽を感じた。

 

 

川「そんなジュンさんですが、中学に入ると何か変化はありましたか?」

ジュン「中学に入ってグレました 笑。バスケも続けていたんですが、学校に行かない日もあったりして。」

川「なるほど、ぼくはそういう経験がなかったので、ちょっと憧れたりもしますね 笑。そのーいわゆるグレた理由というのはあるんですか?」

ジュン「んー、当時は親も嫌いだったし、学校も嫌いだったし…というのはあるかもしれないですね。それでもやっぱり周りに支えとなる友達たちはいて。」

川「そうですね、やっぱりこのぐらい若い時っていうのは、憎しみと愛が入り混じるような、ぼくもそんな中学時代でした。ちなみにいまご両親との関係はどうですか?」

ジュン「いまでは尊敬していますね。働いて少しした頃、お店に来てくれた親に働いている姿を見せることも出来ました。」

川「それは美容師として出来る素晴らしい親孝行ですね。」

川「そして、周りの友達たちとの付き合いっていうのはどうでしたか?例えば、初めて彼女が出来たりですとか。」

ジュン「初めて女の人とお付き合いっていうのは中学2年の時ですね。隣の中学の女番長と付き合ってました 笑」

川「女番長ですか?!ってことはジュンさんも自分の学校ではやっぱり番長クラスだったんですか?」

ジュン「いやいやいや、そんなことはなくて。というかこういう昔の話を自分で言うのってなんか恥ずかしいじゃないですか 笑」

川「まぁまぁ、そうですよね 笑。それで、その他校の女の子と知り合ったきっかけは何だったんですか?」

ジュン「他校にたまたま女友達がいたんですけど、女番長がその子に頼んで連絡をしてきてくれたみたいで、それがきっかけですね」

川「なるほど。やっぱり中学・高校時代だと、地元で有名な⚪︎⚪︎中の〜〜君とかってあると思うんですけど、ジュンさんは割と他校にも知られた存在だったんですね。」

ジュン「うーん、そうだったかもしれないですね 笑」

 

 

image
多少の悪さもしたけれど、周りの仲間と過ごした中学時代。ここブエノスアイレスでも、現地在住日本人や現地のアルゼンチン人が自然とジュンさんの周りに集まってきているように見える。そんな人柄は今も昔も変わらないのだろう。

 

川「さて、現在は美容師としてご活躍ですが、いつ頃から今の職業を意識しだしたのでしょうか?」

ジュン「中1ですね。たまたま親が行ってる美容室に行ったんですけど、その時から憧れの気持ちが芽生えました。それで、それ以降はずっと自分で自分の髪を切っていたんですが、その当時は自信満々で、もう働けるんじゃない?とか思ってましたね 笑」

川「自分で髪を切っていたんですね。驚きです。肝心の周りからの評価っていうのはどうだったんですか?」

ジュン「特になにも言われなかったです 笑」

川「まだ当時は未熟だったのかもしれませんね 笑。では中1から今に至るまで美容師という職業に対する想いは変わらないんですね」

ジュン「いえ、中高の時は何と無く美容師になりたいって、そのくらいでしたね。実は中高時代はずっと学校と関係ない所でバンドをやっていて、将来バンドマンでも良いかなって思ってました。」

 

 

image
中学生の時から学校外でバンド活動を行うとなると、やはり当時から多感な少年だったことが窺える。そして実はジュンさん、ハサミなどの道具の他にギターも持って旅を続けている。ゲストハウスで卓を囲んだ時にふと演奏してくれるメロディーがとても心地よかったのだ。

 

 

 

ーバンドに部活、バイトに遊びと忙しく過ごした高校時代。 進路選択では東京に行くことを決意する

川「そのまま高校時代のことをお聞きしたいのですが、」

ジュン「はい、ぼくは高校の工業科に入ったんですが、そこでラグビー部に入りました。地元の怖い先輩とかが結構ラグビー部で、入れ!って言われて入った感じです。それで一応ラグビーもやりながら、バンドもずっと続けていました。でもほんとに周りもろくでもないやつらばっかとつるんでました 笑」

川「そんなろくでもないエピソードを聞かせてもらえますか?」

ジュン「そうですねーそういう仲間たちとは、水曜の夜ぼくの家に集合することになってて、いつも騒いでそのまま朝学校に行ってましたね。あとバイクに乗ってたんですけど、それで通学したり、ホントはダメなんですけどね。たまに学校通り過ぎて、そのまま1人で河口湖一周とかやってました 笑」

川「いやー自由ですね 笑。でもその水曜に集まるっていうのはなにか理由があったんですか?」

ジュン「部活とバンドの他にバイトもしていて、水曜日が休みの日だったんですよね、それでその日に集まってましたね。」

川「なるほど、忙しい高校時代だったんですね。それでそれはなんのバイトだったんですか?」

ジュン「そば屋ですね。それでその給料でバイクを買ったり、後は貯めておいて卒業して東京に行く時のための資金にしようと思っていました。」

川「ではもうその時点で東京に行くことは決めていたんですね。」

ジュン「そうですね、山梨に美容学校があることはあったんですけど、遠かったんで、そこに行くくらいなら東京に行こうと思いました。」

川「最終的な進路決定というのは、やはり高校3年生の時だったんですかね?」

ジュン「うーん、なんとも言えないんですけど、たまたまその時期東京の美容学校について調べてたら、夏休みが長い所があって、ここだ!って決めました 笑。それで結局受けたら受かったんですけど、そもそも遅刻とか欠席が多かったから、先生にお願いしたりとかしてなんとか受けさせてもらったって感じでしたね 笑」

川「危なかったですね 笑。割と記事にして良いかどうか怪しいエピソードも多かったですが 笑。」

ジュン「最後にチェックさせてもらわないとダメですね 笑。」

 

 

image
高校時代から活発でユーモラスだったジュンさん。そんな一面が今の活動を支えているのかもしれない。

 

 

 

ー東京に出て、心を入れ替え無我夢中で美容を学んだ

image
(Photo by Flickr)

川「はい、高校時代はあまり学校に一生懸命ではなかったように思われますが、専門学校に入った後はどうでしたか?」

ジュン「東京に出てきた時点で、気持ちは完全に切り替わっていましたね。せっかく東京まで出てきてるんだから、っていう意地もありましたけど。2年間皆勤で行ったんですよ。」

川「それは驚きですね!高校では出席日数が危うかった男も、東京に出て生まれ変わったというわけですね」

ジュン「そうですね 笑。毎日9時から16時まで授業があって、他に課題とかもあるので忙しかったです。」

ジュン「でもほらよく言う人がいるじゃないですか。『大学生は暇で良いよなー、専門は大変だよ』って、まるで大学生がなにもしてないみたいに言う人。ぼくにとっては、大学だから暇とか、専門だから忙しいとかそういうことはあんまり関係なくて、ただ単純に親とかに支えられながら東京に出てきたんで、頑張らないといけないってそれだけでしたね。だから周りの大学生とかを見ても別に否定的な感情は抱かなかったですね。」

川「なるほど。強い覚悟で東京に出てきて、きっと自分自身に精一杯全部のエネルギーを注いでいた、そんな雰囲気を感じますね。」

 

専門学校卒業後の美容室勤務時代についても聞いてみた

 

川「卒業後はどこで働くことになったんですか?」

ジュン「青山のお店に勤務することになりました。前からそういう所で働きたいと思ってたので、毎日終電で帰るとか、大変でしたけど楽しくて、充実していましたね。」

ジュン「それが、2年くらいそこで働いた後に、神奈川の橋本という場所のグループ店に異動になってしまって…。」

川「やはり、青山で働きたくてそのグループに入った身としては結構つらかったんじゃないですか?」

ジュン「はい、4カ月してその仕事を辞めました。やっぱり青山とのギャップが大きくて、それが辛かったですね。」

 

東京に出てきてからおよそ4年間を無我夢中で駆け抜けたジュンさんだったが、ここで少し立ち止まることになる。

そして立ち止まったからこそ見えたものとは

image

 

 

スポンサーリンク

 

 

ー辞職、旅そして目覚め

川「それで、辞めた後はどうしたんですか?」

ジュン「とりあえず時間も出来たので、日本をまわってみようかなと思って、2カ月くらいで日本全国を旅しました。」

川「そうなんですね。現在の世界一周を始める前から旅というものは好きだったんですね。」

ジュン「ですね。仕事している時も2連休とかあったら無理やり京都行ったり大阪行ったりして、早朝着の深夜バス使ってそのまま出勤とかしてました 笑。」

川「それはタフですね。普通は疲れて休みの日は寝てたりって想像しますけど、ジュンさんは根っからの旅好きですね。」

川「えーその日本一周についてお聞きしたいんですが、なにか印象深かった場所とかはありますか?」

ジュン「四国ですね。」

川「ほー、ぼくも四国はすごく好きなんですが、それはなにか理由があったんですか?」

ジュン「はい、四国はヒッチハイクをしてまわっていたんですが、愛媛から高知まで車に乗せてくれたおじさんがいたんですね。それで高知市に着いた時に、そのおじさんがご飯に連れて行ってくれたり、行きつけのスナックに連れて行ってくれたりして。疲れてたのもあってそこでウトウトしちゃったんですけど、そしてらママが『あんた今日はもうウチ泊まりなさい!』って家まで連れて行ってくれて、着いたらまた店の営業に1人で戻っていきました 笑。」

 

時には甘え上手な一面も見せるジュンさん。多くはない予算で長期の旅をする時、こんな所が彼を助けているのかもしれない。

 

川「2カ月の旅を終えた後は、どうしたんですか?」

ジュン「青山時代の先輩を辿って、2011年に別の美容室に再就職しました。」

川「なるほど、やはり美容師ということに変わりはないですね。」

川「以前の日本一周の旅でもそうだったと思うんですが、なにか人と人との繋がりを感じたようなエピソードはありましたか? 難しい質問ですみません。」

ジュン「あーありましたね。結局旅に出るためにその美容室を辞めたのが2014年なんですけど、その辞める前最後の夏休み、気仙沼にボランティアに行ったんですね。その時、東京のお客さんが、気仙沼に行くならうちのお父さんが住んでるからと言って、その子の父親を紹介してもらって、現地でお会いすることになりました。」

ジュン「それで多分偶然だと思うんですけど、その方が銀座の超有名美容室のオーナーさんと親友同士で、今度は東京でそのオーナーさんと飲みに行ったりして。別にそれが仕事にどうこうじゃないんですけど、単純に繋がりってすごいなぁと思いましたね。」

川「そうですね、そういう繋がりの中で助けたり助けられたりしながら、人は生きていますね。」

川「えーと、ボランティアというお話がありましたが、詳しく聞かせていただけますか?」

ジュン「初めて行ったのは、震災の直後2011年の5月でした。その時は福島に行って、その後の3年間で6回くらい行きましたね。そもそも日本をまわる旅で2011年の1月に東北を訪れていて。震災があった時もとても身近に感じて、なにかせずにはいられないって感じでした。」

川「なるほど。行ってみてどうでしたか?」

ジュン「衝撃というしかなかったです。すぐそこで人が亡くなってしまったんだ、というのが…。」

川「そうですね。普段では感じることのないものを、そこで感じたことだろうと思います。なにか自分が変わったとかってことはありましたか?」

ジュン「うーん、やっぱり、あれほど身近でしかも規模の大きい災害というのが人生で初めてで、なんというか、大勢の方が亡くなるというのを肌で感じました。実際に大勢の方が津波で流されてしまった場所に行った時には、死というものを本当に側に感じて、なんか、いつどうなるかもわからない人生なんで、やるべきこと、やりたいことをやってしまわないと、って気分になりましたね。」

ジュン「今回の世界一周の旅に出たのも、そこに理由があると思います。」

 

 

スマートな見た目とは裏腹に、かなり武骨な旅をしてきた経験、さらにはボランティアでの経験や他の様々な出来事が絡み合って昇華し、現在はヘアカットの旅を続けるジュンさん。今後の旅や彼の人生はどのように移ろいゆくのだろうか。

ここまでで、ザッとではあるが彼の人生を垣間見ることが出来た。そして最後に、「尊敬する人」について聞いてみる。彼はどんな人物を尊敬するのだろうか

 

 

 

ー桑原 淳の尊敬する人物と今後

川「最後になりますが、ジュンさんの尊敬する人などを聞きながら、今後についてなども聞ければと思います。」

川「まず、美容師として尊敬する方はいますか?」

ジュン「3人いますね。1人は東京勤務時代の先輩で、1度辞職した後も頼って再就職した人です。1番長く一緒に仕事した美容師の方ですね。かっこいい人ですね。とにかく仕事に真剣でアツくて。」

ジュン「もう1人は今シンガポールで美容室のオーナーをしている日本人の方です。ぼくが日本で働きながら海外進出も考えていた時に、シンガポールに目をつけていたんですね。それで調べてたらそういう日本の方がいるって知ったので、夏休みを使って美容室にアポなしで突撃しました。日本、カナダで美容師をしたり、沖縄でバーの経営をしたりと転々としながらも幅広く仕事をされていますね。外国ではやはり、現地在住の日本人を日本語で接客できるので、強みになりますね。」

ジュン「最後の1人は、今カンボジアのシェムリアップで働いていて、日本人として初めて美容室オーナーとなった方です。この方は日本人相手ではなく、カンボジア人を相手に1500円という、現地価格の10倍の価格で勝負をしていますね。今ではカンボジア発のアイドルをプロデュースしたりもしているみたいです。」

川「なるほど、自分の礎となった先輩、そして現在海外で活躍する美容師の方々はやはり尊敬するというわけですね。パッと出てくるあたり、やはり普段から意識しているように感じられますね。」

ジュン「いや、意識というわけじゃなくて、他に思い浮かぶ人がいないですね。もちろんすごい人っていうのはたくさんいるんですけど、会ったことがないから、尊敬するもなにもって感じです。」

川「なるほど、もっともです。」

川「では、美容師以外の方で尊敬する人はいますか?」

ジュン「高校時代バイトしていたそば屋の社長ですね。高校時代はポンコツだったし、よく怒られてたんですけど、すごく面倒を見てくれて。東京出てきてからも地元帰るたびに挨拶しに行ったり、仕事で悩んだ時は東京から相談しに行ったこともあります。いつも同じことを言って安心させてくれるんですよ。」

川「第2のお父さんという感じですね。ちなみにいつもなんとおっしゃるんですか?」

ジュン「『人とおんなじ事してんなよ』ってことと『10回飲み会に誘われたら一回断れ、その一回でお金を貯めろ』ってことです。その人自身は若い時にそば屋として独立してやっぱり大変だったみたいなんですけど、シビアに経営しながらお店を繁盛させて、今では地元の超有名店ですね。」

川「やはり、周りの人たちにも恵まれながらここにいるという感じますか?」

ジュン「そうですね、ほんとに周りの人に恵まれながらここまできた感じです。」

川「今後帰国してからの展望というのは何かありますか?」

ジュン「帰国の前にオーストラリアでワーキングホリデーをして、英語と欧米人の髪の切り方っていうのをもうちょっと勉強したいと思っています。帰国後は、日本でも外国人が来やすい美容室を出来ればいいなぁと考えていますね。」

 

image
そう語る時、ジュンさんはとても素直であった。「会ったことがない人はわからない」と言ったように、身近に尊敬できる人がいて、そんな人たちを素直にすごいと感じそれを飾り無しに語ってくれる。また将来に関しても、やりたいこととやるべきこと、これがとても素直に一直線で繋がっていると感じた。

自然とジュンさんの人生観が顔を出しているようだった。

 

 

ー桑原 淳の言葉

image

川「最後の最後ですが、いつもジュンさんの活動をみている方々になにかメッセージはありますか?」

ジュン「メッセージ…メッセージかぁ笑。うーん、難しいんですけど、いつも会った人とかに伝えるのはこの言葉ですね。」

“You can live a life like you’ve never lived before”

“I see you when I see you”

川「なかなか日本語にうまく訳すのは難しいとは思いますが、どのように解釈していますか?」

ジュン「そうですね、1つ目は『知らない世界が待ってるよ』というニュアンスで、2つ目は『また会う時に会いましょう』ですね。」

川「最後の締めにふさわしい言葉ですね。それでは今日はありがとうございました。」

ジュン「ありがとうございました。」

image

 

 

こうしてインタビューは幕を閉じた。
「桑原 淳という人物は、なんと素直でシンプルだろうか」
これが私の感じたことである。
自分の思いに素直に従い、それを表現することができる。自分の考えを一直線に実行することができる。そしてそれが人と違う道であっても構わない。こういった所に彼の強みがあるのだろう。

こういう人物だからこそ、
“You can live a life you’ve never lived before”
という言葉に重みがあり、また人に響く。

 

きっとみなさんの人生にも知らない世界が待っている。

“I see you when I see you!!”

 

 

インタビュー・記事執筆
「次郎作ブログ」 川良健二

Facebookページのイイね!お願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
応援or順位確認お願いします。

前の記事
次の記事
Pocket