【エボラ出血熱】命をかけて戦う人々、国境なき医師団の活動から見る流行地の実情

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、次郎作です。

僕がCredoというニュースサイトに寄稿したニュース記事のうちの1つを紹介します。

このCredoというニュースサイトは、ニュース解説サイトのような立ち位置を目指していて、

ニュースを伝えるだけでなく、その分野に詳しい人がより深くより分かりやすくニュースを解説するというのが特徴です。

「知りたいに、やさしく寄り添うメディア」ということがモットーに掲げられていました。

僕は今回の記事で、エボラ出血熱が、現地の西アフリカでどのように対処されていて、どのような困難があるのか、ということについて調べました。

西アフリカのガーナに留学していた僕としては、エボラ出血熱の流行が他人事ではなかったのです。

国境なき医師団日本の公式サイトを中心に、WHO、厚生労働省、FORTHとさまざまな文献をあたりました。

人は知らないことを、まるで存在しないかのように振る舞うことができてしまいます。

まずは、知ることから始めてください。

では、Credoへのリンクを貼っておきます。

↓↓
【エボラ出血熱】命をかけて戦う人々、国境なき医師団の活動から見る流行地の実情

次郎作

 

 

[Photo by flickr]

前の記事
次の記事
Pocket