Never, ever give up

Pocket

スポンサーリンク

こんにちは、次郎作です。

今回も、僕のお気に入りのTED動画を紹介していきたいと思います。

今回のプレゼンターは、Diana Nyadという方です。

“Never, ever give up”というタイトルのプレゼンです。

 

「夢は決してあきらめるな」

反論の余地のないほどのいい言葉です。

しかし、使い古され、 濫用され、世の中に溢れかえった-いい言葉-は、

時に、

本来の意味を伝える役目を果たせず、聞いた人に響きません。

 

そのため、多くの人は「あきらめきれるなら、そんなの夢じゃねぇ」とか

「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分」などと、

表現を変えることで「夢は決してあきらめるな」というメッセージを印象付けようとします。

 

しかし、このプレゼンの言葉は、僕が今まで触れ合った言葉と全く違いました。

本当に、爽快。

「夢は決してあきらめるな」

「夢を追いかけるのは何歳になってからでも遅くない」

「仲間があってこそ」

というメッセージを直球でぶち込んできます。

 

では、なぜ心に響くのか?

それは「言葉に行動が伴っているから」です。

この人は、64歳の女性でありながら、年齢や性別を問わず誰にも成し遂げられなかった「キューバ-フロリダ間を泳ぎ切る」という夢を達成したんです。

それは、30年以上前からの夢でした。

本格的に再決心したのは60歳の時だといいます。

彼女は30人ほどの人々に支えられて、危険と隣り合わせの中53時間泳ぎ切ったのでした。

 

“To be is to do”

口だけではなく、行動の伴う人になりたいものです。

次郎作

前の記事
次の記事
Pocket