大人になるって、案外これくらいのこと

Pocket

スポンサーリンク

次郎作こと布施田泰之です。

研修医として働き始めて早2か月が経ちました。

 

これまで、いくつもの大人の階段を上ってきました。

 

それは、親元を離れて東京で独り暮らしを始めた時。

それは、二十歳となり成人式を迎えた時。

それは、医師として働き始めて経済的に自立した時・・・・・・

 

 

経済的独立という、大人の階段の最後の一段を登りきり、

名実ともに僕は「大人になった」のだと思います。

 

「大人」になり、自分というものは基本的には変わらないまでも、

明確に変わったことが1つありました。

 

「大人になるって、案外これくらいのことなんだ」と思ったのでここで紹介させてもらいます。

 

それは、15年間ほど続けてきた習慣が失われる、という形で実感しました。

 

 

そうです、

「毎週月曜日発売の少年ジャンプを立ち読みしなくなった」のです笑

 

 

かなりしょーもない些細なことですが、

それ故に逆に「大人になる」ということの本質をついている気がしてなりません笑

 

僕は、ワンピース・ナルト・デスノート・バクマン。・トリコ・ハンターハンターなどと共に育ってきました。

少年ジャンプの発売日の毎週月曜日を心待ちにしていました。

 

それが、今はどうでしょう。

平日の激務に疲れ、週末の訪れを熱望し、

月曜から5日間は「ジャンプ読む暇があるなら寝よう」と思わせるほどに睡眠を渇望しています。

 

正直、人生で初めて「週末が楽しみ」という感覚を覚えました。

みんなが言ってた「日曜が終わっちゃう~」ってこんな気持ちだったんだね・・・笑

 

もしかしたら、

平日の訪れを暗喩する「少年ジャンプ」には心躍らなくなってしまったのかもしれません・・・

 

 

 

 

とは言っても、疲れはしますが、

けっこう楽しんで仕事できています!笑

研修医の10%が鬱になる、みたいなことが言われてますので、

僕が鬱になってしまってないか、これからもブログチェックして心配してください!笑

 

 

 

↓クリックして頂けると、僕がうつになりにくくなります笑

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

前の記事
次の記事
Pocket