武蔵野赤十字病院での研修医生活はこんな感じだよ【日常生活編】

Pocket

スポンサーリンク

お久しぶりです、次郎作こと布施田泰之です。

武蔵野赤十字病院総合診療科での研修医生活も1ヶ月が過ぎようとしています。

「総合診療科は、武蔵野赤十字病院で一番ハイパー(忙しい)科」

という噂を聞いていたため、ビビっていましたが、

実際働いて分かったことは、

・外部から武蔵野赤十字病院に来た場合、研修医1年目の同期がこなしている月8回の当直がないため、忙しい総合診療科と言ってもラク

・東京医科歯科大学の研修がブラック

ということですね笑

おかげで、僕は8,9月は土日は毎週しっかり休ませてもらってます!!

お昼ごはんもちゃんと毎日食べられてます!!

IMAG0151

しかも、武蔵野赤十字病院の食堂はバイキング形式で、質が高いことで有名です。

毎日メチャクチャ食べてたら胃袋が大きくなってきて食べても食べてもお腹ペコペコになるようになってきて困ってます笑

 

まぁ、詳しい研修内容についてはまた別の記事で書くことにして、

今回の記事では武蔵境での新生活について書いていこうかなと思います。

 

僕は、武蔵野赤十字病院で2か月の研修生活が始まった瞬間、病院の寮を申し込みました。

そして、もう8月の1週目には寮の部屋を借りて病院のすぐ横に住み始めました。

IMAG0122

IMAG0124

来年には取り壊される予定の古めかしい寮に住んでます笑

月28,000円です。

ただ速攻で部屋を借りたのは正解でした、さすがに研修医に毎朝1時間の通勤時間は大変すぎますからね笑

 

 

色々なコネを用いて、チャリもゲットしました笑

IMAG0155

これで生活の幅が広がります!

 

新居には、テレビなし・冷蔵庫なし・洗濯機なし・ネットなし、と何もないため仕事が終わって家に帰っても特にやることはありません。

なので、最近はカフェや銭湯に入り浸ってます笑

IMAG0142

銭湯の近くに開放感あふれるスタバを見つけました。

しかも、23:00までやっているのでとても助かります。

 

ここが僕のお気に入りの銭湯の千代の湯です!

千代の湯

[“千代の湯ホームページ”より]

 

実は僕は、一人で日本各地の温泉を巡るレベルで温泉好きなんです。

この前鳥取から見学に来た学生さんに

「鳥取と言えば、米子温泉とか三朝温泉あるよね。三朝温泉は日本有数のラドンが含まれる放射線泉なんだよね。米子温泉は行ったよ!」

と言ったら、よく知ってますね、と引かれました笑

 

あと、武蔵野赤十字病院で働く元同級生のトムから、

「武蔵境駅から無料シャトルバスが出てる、天然温泉あるぞ」

という耳寄り情報を手に入れたので、今日にでも行ってこようかと思います笑

深大寺温泉

[ “深大寺天然温泉 湯守の里” ホームページより]

 

(あ~また、温泉入って、飲んで、寝るだけの脱力系ゆるゆる温泉旅行して~)

 

 

 

 

ということで、仕事後も土日も勉強するというストイックモードに入りながらも、

地味に楽しんで生きてますよ笑

 

 

 

↓細々と生きている僕を応援してください!笑

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

前の記事
次の記事
Pocket