「この世界の片隅に」を観たので感想を書くよ

Pocket

スポンサーリンク

[Photo by official homepage]

 

お久しぶりです、次郎作こと布施田泰之です。

ずっと前から書こうと思ってた記事がありました。

 

 

「この世界の片隅に」の映画を観た感想です!!

 

そもそも、この映画を観ようと思ったのは、前回夏休みで福井に帰省したときに、

父が「メガゴジラは面白かった。それよりも、君の名は。が面白かった。

でもなぁ、一番は ”この世界の片隅に” だな」

と言っていたのを聞いていたからでした。

 

そのとき、友達からは、

「なぜかポロリと涙が出てきてしまう映画」

などと、評価を聞いて気になって観て来ました。

 

 

 

 

 

 

 

観てきた結論を言うと、

 

これが戦争か・・・

 

と感じざる得ない作品でした。

 

映画は主人公のすずの一生を追う形で進んでいきます。

広島で育って、呉にお嫁に行って、新しい家で苦戦しながら慣れていって、

そこに戦争の足音が近づいてきて・・・

 

詳しくはネタバレになってしまうので避けますが、

本人もその家族も何も悪くないのにもかかわらず、

戦争が始まり、空襲が始まり、

みんなから徐々に幸せが奪われていきます・・・

 

主人公に降りかかる悲劇は、フィクションとしてはたいしたことないのかも知れませんが、

それゆえに「あぁ、みんなちょうどこれくらいの不幸を、戦争のために背負わされたんだろうなぁ」と想像してしまいました。

 

 

気づいて悲しかったのが、

最後、原発が落とされた後に、すずが焼け野原となった広島を歩いているだけで、

いろんな人から人間違いされるシーンでした。

・・・

・・・

・・・

あぁ、みんな戦争で生き別れた家族の面影を、通りすがりのすずに見つけてしまってるんだなぁ・・・

 

 

 

 

観終えた感想としては、

「面白かったなぁ!」

という感じではありませんが、

 

「観てよかったなぁ」

と心から思える作品で、一人でも多くの人に観てもらいたいなぁ、と思った映画でした。

 

 

 

なので、大してもう覚えていないのにもかかわらず、記事に書きました!笑

 

ぜひみなさんも、「この世界の片隅に」観に行ってみてください!!!

 

 

↓観たよ、よかったよね!のクリックお願いします笑

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

前の記事
次の記事
Pocket