ヨーロッパ周遊記~進撃の巨人ごっこ編~

Pocket

スポンサーリンク

ボンジュール!

次郎作です。

前回、次は「あるマンガのモデルとなった都市へ向かう」

と、宣言しました。

 

今回はサラッと紹介しましょう!

僕たちが向かったのは、あの有名な「カルカソンヌ」です!!

え、知らない?

フランスの南の方にあるカルカソンヌを!?

ヨーロッパ人には、パリかカルカソンヌか、とまで言われるカルカソンヌを!?

でも、あまりにアクセスが悪くて日本では人気にも有名にもならないカルカソンヌを!?

一説によると、あの「進撃の巨人」の城壁のモデルとなったあのカルカソンヌを!?

でも、大丈夫。

僕も最近知りましたから(ロ_ロ)ゞ

カルカソンヌってここです!!フランスの下の方!!笑

画像1

そんなカルカソンヌに僕たちが行こう、と思ったのはトムが見つけたあるツイートがきっかけでした。

画像1

なんでトムこんなbotフォローしてるんだよ!笑

タイムライン荒れるだけじゃん!!笑

でも、見つけてくれてありがとぉぉぉぉ!!!

そうなんです、僕たち進撃の巨人の大ファンなんです!!

僕は、全然「進撃の巨人」が無名だった三年前からずっとみんなに紹介してきてたくらい大好きで、

トムも、最近流行り出してから全巻大人買いしたくらい大好きなんです!!!!

………………………!!

そうだよ、トムはミーハーなんだよ!!

でも、ここまで突き詰めたミーハーはいないでしょう!!

だって漫画を大人買いして9ヶ月ほどで、フランスの僻地まで、

「進撃の巨人」ごっこをしにきてるのですから!!

画像1
画像1

「超大型巨人だぞ~、ガオ~」

画像1

「おれたちが遊んでられるうちは平和ってことなんだぜ」

画像1

「開けてくれ!!巨人がくるんだ!!」

画像1

「心臓を捧げよ!!」

画像1

「き、奇行種だ!!」

画像1

「食べちゃうぞ~」

画像1

「お前も食べちゃうぞ!!」

 

 

本場でやる進撃の巨人ごっこ楽しい!!

僕たちは童心にかえって、時間の許す限り進撃の巨人の各シーンを再現しては笑い、再現しては笑い、を繰り返していました。

そんな中、僕は言いました。

「次は、立体起動ごっこね!!」

僕は我先にと城壁によじ登り、

「今からここから飛ぶから写真よろしく(ロ_ロ)ゞ!!」

そう威勢良く言うと、僕は飛びました!!

 

僕には翼が生えたようでした、調査兵団の翼!!

そんな感覚!!!

無限にも思われる滞空時間。

僕は全てにおいて自由だ、と勘違いしちゃいました!!

 

 

そう、人は高いところから飛び降りれば、いつか着地しなければならないのです!!

「グキッ!!」

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

いってぇ~!!足くじいたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

なんか着地時、内側のくるぶしがかかとになった感じ!!

バスケでもこんなに足をくじいたことないぞ!!!!

 

 

で、でも………

足首は役にはたったのですよね…!?

何か直接の笑いにはならなくても、足首の死は僕らのブログの糧になったのですよね…!?

画像1

「もちろん・・・いや・・・今回の撮影で!!我々は!!」

「何もいい写真は得られませんでした(ロ_ロ)ゞ!!!」

うっそ~笑

足首折り損のくたびれもうけじゃん~笑

 

おかげさまで、残りのヨーロッパ周遊は人生最大の捻挫と一緒に旅することになりそうです(ロ_ロ)ゞ笑

捻挫ってこんなに痛かったんだね~、こりゃテーピング必要だわ~笑

 

次は「ジェームズボンドゆかりの地で、お金やプライドや人生を賭けてきます!」

これからも「ガーナ漂流記」改め、「ヨーロッパ周遊ブログ」をしばらくよろしくお願いします!笑

次郎作

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

画像1

僕たちは進撃の巨人ごっこをしまくりましたが、カルカソンヌは観光地としてかなり素晴らしい所です笑

前の記事
次の記事
Pocket