初めてのヒッチハイクが辛すぎたので、失敗談を共有します

Pocket

スポンサーリンク

ヒッチハイク経験者は言います。

・ヒッチハイクは、普通は出会えない人と話せるからいいよ~

・ヒッチハイクは、人のやさしさに触れられるよ~

・ヒッチハイクは、何よりタダだからいいよ~

・ヒッチハイクは、度胸とか強い心が身につくよ~

 

こんなの、最後のやつ以外全部ウソ!!!(確かに心は強くなるかも!)

と、今日初めてのヒッチハイクを終えて、思っています笑

 

まぁ、数をこなせば良さも分かってくるんでしょうが、

今の段階では、普通につらい経験だったので、率直な気持ちを書いておこうと思います。

 

昨日、鹿児島空港に到着し、隼人駅付近の宿で一泊しました。

今回の旅では、この10日くらいで鹿児島から大阪までヒッチハイクで旅する予定だったので、

今日1日で、鹿児島の霧島市というところから宮崎市までヒッチハイクで移動しようと思っていました。

 

そのため、朝に宿を出て、霧島市と宮崎市を結ぶ国道10号線まで1時間くらいかけて歩きました。

これは事前にネットで、ヒッチハイクする場所は目的地まで1本道で行ける地点がいい、ということを読んでいたからでした。

 

そして、僕を見て車を止めやすいように、バスの停留所があるような場所まで歩きました。

image

↑このようなところです。

これもネットで読んだからですが、こういう場所を探すのにも40分かかってしまいました。

すでに宿を出て1時間40分経過・・・

 

しかし、

この時は僕も希望とワクワクで胸がいっぱいだったので、

さっそくヒッチハイクを始めました!!

image

あまり遠くを書くとうまくいかないとネットで読んだので、霧島市と宮崎市の間くらいにある都城(みやこのじょう)を目的地に設定して、始めました!!

 

最初、目的地を書いたスケッチブックを掲げたときは、

めちゃくちゃ緊張して胸がバクバクしました!!

 

でもすぐに慣れてきて、1台1台運転手さんと目を合わせてアピールするようにすると、

(ふっ、おバカなことしてるな笑)みたいな顔とか、

(ごめんごめん、おれは乗せてあげられないよ)みたいな顔とか、

(・・・・・・・・・無視)みたいな顔とか、

色んな表情をしてくれます。

基本的には笑顔を見せてくれる人たちも多かったので、けっこう楽しんでました。

 

僕はそんな人が悪い顔はしてないのですが、

もし全然車が止まってくれなかった時のためにこんな1文も加えました笑

image

 

 

ヒッチハイクを始めて、25分くらいすると・・・

 

ついに車がとまってくれました!!!

 

(こんなんで本当に車とまってくれるんだ!!!)

感動しながら車に駆け寄ります。

 

すると、都城まで乗せていってくれるとのことでした。

やったね!!!

 

この時、僕は事前にネットで勉強していたことを色々と思い出していました。

・ヒッチハイクで乗せてくれる人は優しい人しかいない

・ヒッチハイクで乗せてもらったら乗せてよかったと思われるように話を盛り上げるべし

そうだよね、そうだよね!

どんな人とでも話が出来るようにいろんな経験してきたし、いろんな知識や教養もつけてきたし、

たくさん話のネタはあるし、おれなら大丈夫!!

しかも、乗せてくれるなんていい人に決まってる!!!

話もきっと、弾むぞ~↑↑

 

 

 

しかし、

・・・

・・・

・・・

・・・・・・

それから、40分間ほぼ沈黙でした・・・

 

 

乗せてくれたのが、中年のご夫婦だったのですが、

おそらく心優しい旦那さんの方が奥さんに許可をとらず僕を乗せてくれたのでしょう、

奥さんの方がメチャクチャ不機嫌でした・・・

 

旦那さんの方は、時折話を振ってくれましたが、

僕が何をこたえても、「へぇ~」の一点張り。

 

 

僕が話を広げようと頑張ると、

旦那さん「へぇ~」

奥さん「・・・・・・・・・(うるさ)」

 

 

 

あぁ、そうか、

ここが地獄か・・・・・・

 

時折、奥さんがする、

「・・・・・・・・・(ちらっ)」

(旦那さんのほうを一瞥する。表情を読むと『ほらね、こんな面倒なやつを拾いやがって』)

が、死ぬほどつらかった・・・

 

 

 

そのような車内で揺られること、40分。

ついに、鹿児島県と宮崎県の県境を越えて、都城市に入りました。

ここから7,8キロいったところが都城駅のある市街地になります。

 

そんな時にドライバーである奥さんが、コンビニに車を止めました。

 

 

・・・

・・・

・・・

3人の中に訪れた10秒間の沈黙。

 

僕は全てを悟り、口を開きました。

 

 

「ありがとうございました!本当に助かりました!!!

そうです、奥さんの

(ここお前の言ってる都城だぞ、早く降りろよ)

を、感じ取ったからです。

僕は飛び降りるように車を降りました。

 

その時、初めて奥さんが見せた笑顔。

それも、作り笑いでしたが・・・

 

 

こうして、僕の初めてのヒッチハイクは終わり、

周りに何もないところで僕は1人になりました。

 

地図を調べると、都城駅にいくためには、2駅手前の五十市(いそいち)駅まで歩いて、

そこから電車を乗るのがよさそうでした。

(もうヒッチハイクをする気力がなくなってました笑)

 

なので、その五十市駅まで50分かけて歩いていきました。

image

 

駅に着いて、時刻表をみると、

image

この時間帯、2時間に1本じゃん!!

しかも、20分前に電車いっちゃってる!!

 

近くに1時間半時間をつぶせる場所もなく、

結局、都城駅まで7,8キロ歩きました。

image

ヒッチハイクを終えてから、2時間半かかりました笑

 

 

結局、ヒッチハイクで隼人駅から都城駅までかかった時間を計算すると、

国道10号線まで、1時間

ヒッチハイクポイントまで、30分

車に乗っている時間、40分

降りた地点から都城駅まで徒歩、2時間半

計、4時間40分

 

参考までに、

隼人駅から都城駅まで電車で行くと、50分

 

 

 

 

いやいや、でもヒッチハイクはタダだから・・・

 

参考までに、

隼人駅から都城駅まで電車で行くと、840円

 

 

ヒッチハイク、コスパ悪すぎ!!!!!笑

 

 

 

みなさん、ごめんなさい

一旦ヒッチハイクやめます!!!笑

 

心がボキボキに折られたので、とりあえず休止して、

明日は電車で別府温泉まで行ってきます。

大好きな温泉でゆっくりすれば、またヒッチハイクをするやる気や出てくるかもしれません。

 

あぁ、本当に大変だったなぁ。

 

 

 

さて、気を取り直して、今日も今から国試の正答率で宿を決めるやつやります!

またブログ見に来てください!

 

ヒッチハイクで傷心気味の僕を応援してください↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

 

前の記事
次の記事
Pocket