“せかいの物々交換&転” 4発目 〜ウユニでの仕入れ〜

Pocket

スポンサーリンク

こんにちわ、最近、物々交換のコツを掴んだケンジです。
詳細は以前の記事をご覧ください。
(“せかいの物々交換 2発目 〜物々交換のコツが見えたかも?〜”)

 

 

その掴んだコツに基づいて、ウユニの街で仕入れを行いました。

ボリビアは南米の中でも貧しく、物価の安い国として知られています。

例えばホテルは安い所で1部屋2人で1800円。
食事も一食200円〜300円で済んでしまいます。

ちなみに今までで一番安かった宿は、エジプト ダハブのSeven Heaven hostelで、1泊200円だったと思います。

それには敵わないものの、アルゼンチンと比べると物価が安く、かなり過ごしやすくなりました。

こいつはチャンスですよ

そう、内なる自分が語りかけてきます。

物価の安い国で良い物を仕入れ、物価が上がったところで物々交換

これって理想じゃないですか?

ということで、ウユニの商店へ足を運びました。

image

 

 

前回、なんとなく出品点数に悩まされたような気がしたので…

今回は手に入れた80ボリビアーノ(約1400円)を元に複数点の品物を仕入れます。

そして4発目の交換がこちら

 

 

 

 

image
これが

 

image

 

image
こうなりました

 

 

どうですか?!
自分の思い描いた理想の仕入れをすることができました。

・物価の安い国で
・この地方特有、”アルパカのマフラー”(手触り最高)
・複数点出品で見栄えも良し

考え得る限り、最高の仕入れでしょう。

これをチリ・アタカマ砂漠の地へと運び物々交換をします。

更に朗報としては、このアタカマの地、世界中から観光客が訪れるリゾート地だそうです。(海やビーチといったいわゆるリゾートとは違いますが)

これだけ条件が揃っちゃったら、アタカマで相当いい物に化けるんじゃないか

ってウキウキしながらバスに乗ったのでした。

次の記事に続きます
“せかいの物々交換&転 〜初めての失敗〜”

 

 

Facebookページのイイね!お願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
応援or順位確認お願いします。

前の記事
次の記事
Pocket