マッチング試験のために5日間死ぬほど国試の過去問解いたよ

Pocket

スポンサーリンク

こんばんわ、次郎作こと布施田泰之です。

“日常系ブログ、書きます!!”

と、宣言してから6時間が経ちましたが、ブログ欲がとどまることを知りません笑

 

正直、今まではある程度「読んで楽しい記事」とか「読んでためになる記事」とか「読んで考えさせる記事」とか、

色々考えてやってましたが、

最近そのこだわりに縛られすぎて記事を書けてなくて本末転倒な感じがしてきたので、

取るに足らない日常を書いていきたいと思います。

 

先日、ぼくの母校である東京医科歯科大学のマッチング試験がありました。

マッチングっていうのは簡単に言ったら、研修先の病院を決める就活みたいなもんです。

ぼくは、東京医科歯科大学しか応募しないので、逆に言えばここに落ちたら即来年1年フリーになってしまいます。
(内部生なのでかなり優遇されると聞くが)

ということで、ちゃんと勉強して臨もうと思ったわけです。

 

しかし、東医体やらなんやらで気づけば、全く勉強をせずに試験5日前

しかも、事前に聞いていた「国試の過去問3年分からの出題が多い」という情報が訂正され、

「国試の過去問5年分から出題される」という情報にかわっていました。

東京医科歯科大学はマッチング試験を3日に分けて行うので、最後の日程だった僕には色々とその年の情報が入ってきていたのでした。

 

国試5年分と言えば、1年分で500問なので、

全部で2500問!!

 

もし、一問あたり5分かけるとなると、

2500×5=12500分

つまり、
12500÷6≒210時間

 

僕に残された時間は、5日間だけなので、

210÷5= 42時間

そうです、1日あたり42時間勉強すれば、全部解き切れる計算です。

 

 

ほうほう

 

・・・

って、1日24時間!!

 

 

しかも、ぼくはその時期夏休みではなかったため、実習をこなしながら勉強を進めなければなりませんでした笑

耳鼻科というフツーに忙しい科をまわっていました笑

 

 

 

 

これは半分も無理かとおもわれましたが、

 

結局、1750問、約4年分解ききりました笑

 

 

毎朝、4時に起きて、友達2人とデニーズで勉強。

平日なら8時とか9時から僕だけ実習へ。

土日にはそのまま勉強を続けます。

 

土曜日なんかは驚異の集中力を見せ、1日15時間も勉強しました笑

多分、あの日は受験生より勉強してましたね笑

 

自分の集中力はまだ衰えていないなぁと、少しうれしくなりました笑

 
しかも、途中から、

「正答率80%以下の問題だけを解く」という奇策に出ました笑

「正答率の高い問題は、初見でも解ける可能性が高い」という淡い期待のもと、

僕なりに5日間の勉強を最大限に効率化したつもりです笑

 

そのおかげか、テスト後話した感じでは、人並みくらいには解けたようでした。

おつかれさまです。

ということであんまりマネしないで欲しいですが、

人は実習しながら5日で国試の過去問1750問解けるよという話でした笑

またね
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

日常系ブログ書き始めたからには、

医学生ブログランキング上位の方たちにも負けたくない!笑

前の記事
次の記事
Pocket