温泉旅館で文豪のような生活をしているよ

Pocket

スポンサーリンク

[Photo by flickr]

どうもお久しぶり、次郎作こと布施田泰之です。

 

先月まで「救急・麻酔科」という太田西ノ内病院の名物科をまわり、

土日もほぼなく、夜中も当たり前のように電話が鳴り響き、深夜2時に鼻血で呼ばれたりする1ヶ月も終わりました笑

“no pain, no gain”

という狂気じみたモットーの元で働く人たちをみて、

ゆとり世代としては衝撃を受けることも多かったので、そのことはいずれまた書こうと思います。

 

その次にやってきたのが「地域」という1ヶ月の研修。

現在の初期研修制度では、2年目の間に1ヶ月は地域研修をしないといけないようになっていると聞いています。

僕はその地域研修を、「熱海病院」というところで行っています。

 

「え、あの熱海!?」

とみなさん思ったことでしょう。

 

 

いいえ、違います笑

磐梯熱海という、福島県の猪苗代湖付近にある温泉街です。

 

「太田熱海病院」という、太田西ノ内病院の仲間みたいな病院が職場です笑

 

おそらくバブリーな時代に建てられたのか、

太田熱海病院に付属して温泉旅館が建設されており、病院独自で温泉を引いているんです笑

 

その旅館にタダで泊まらせてもらっているので、毎日2回以上温泉に入る生活を堪能しています!!!

サイコー↑↑

 

どうやら、現在はこの旅館は「人間ドック」で泊まり込む患者用に使われているようです!

「温泉旅行と人間ドックの融合!」なんか流行りそうですね!!!笑

 

そして、

研修医となってから1年半ほど、

何かに追われるように土日や仕事後も医学の勉強をしてきたわけなんですが、

「1ヶ月ほど休憩して、今月は温泉旅館で文豪のような生活をする」と決めました笑

 

仕事もないわけではないんですが、普通にこなせば午後5時には終わるような仕事なので、

基本的に旅館にこもって温泉・読書・執筆(ブログ)に勤しもうかなと思っています笑

 

朝、優雅に目覚め「朝風呂」し、新聞を読みながらコーヒー、

仕事を終えて、

「夕風呂」して夜ご飯を食べ、読書にブログ、時には夜中に「瞑想風呂」

 

まだ1週間ですが、メチャクチャ楽しいです。

 

と、言うことで今月はどんどんブログを書こうと思うので楽しみに待っていてください!!!

またすぐ書きます!

 

↓応援クリックしていただいても大丈夫です

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村

 

前の記事
次の記事
Pocket