人との別れ、その時に想うこと

Pocket

スポンサーリンク

ー友達とは、日々公人としての自分を忙しくもこなし、その隙間に生みだされた「休息」という小空間を、時に濃密に、時に希薄に彩る絵の具のようなもの

 

 

 

 

誰のものであったかは忘れてしまいましたが、

「ヒトは社会的な動物である」

という言葉があります。

ヒトという動物は、それぞれが交わり影響を与え合い、そうやって出来上がった社会的ネットワークの中でのみ生きてゆく動物であるのだと

この言葉が示すように、みなさんも日々色々なヒトと関わり、さて休日になれば友達・恋人と共にプライベートな時間をもつことがあると思います。

そして当たり前のことですが、そうして同じ時間を共有した後には、毎回の別れが訪れるでしょう。

 

 

「また今度ね〜」

「また連絡するね〜」

気軽なものから

 

 

「次はいつ会えるのだろう」

「もっと一緒にいたい」

少しシリアスなものまで、様々な別れがあると思います。

 

 

 

しかしみなさん、こんな経験は無いでしょうか?

 

別れの時に

本当はもっと色んなことを伝えたいのに

それが出来なかったり、

 

 

気軽な風を装って、

「じゃあね〜」

で済ませてみたり

 

 

 

 

 

そして

別れた後に少しいたたまれなくなって

メールをするんです

 

 

「一緒の時に伝えたかったんだけど……」

 

 

メールだと

面と向かって伝えるちょっとした勇気が必要なかったり、

気恥ずかしさが無かったり

頭を整理する時間が得られたり、

良いと思うんです。

 

 

 

でも、

たまには直接いろんな想いを伝えるのも良いと思います。

ちょっとした勇気と頭の整理で、相手に直接

というのも、

 

 

よく会うからとか、いつでも会えるから、ということと関係なく

別れの時とは、会っている時間の中で一番濃密であっていいものだと思うから。

 

伝える言葉でその一瞬を色濃いものにする時もあれば、握手やハグ、はたまた沈黙がその別れを演出することもあるでしょう。

 

たとえそのハグや沈黙が無骨でも、野暮でも恥ずかしくても

面と向かって、何かを伝えられる方が素敵な時もあるんじゃないかと思います。

相手にもきっと、より響くんじゃないかなって思います。

 

 

 

 

 

なんでこんなことを考えたかと言うと、

ぼくはいつも、こういうことが出来ないからです。

 

 

 

いつも気軽な風を装って、

「また会えるから、じゃあね。」

こんな言葉で終わらせてしまいます。

 

 

 

また会えるから、だから、どうしたのだろう。

今まで過ごした時間、それに関する想いは、

また会えるからといって、それまでにきっと風化してしまう

 

また会えるから、ということは

それまでの想いを伝えない理由にはならない

 

 

そんなことを感じたブルネイ最後の時でした。

 

 

 

「人はなかなか変わることが出来ない、でも変わる時は突然に」

いつもぼくはこんな風に考えていますが、

いつかぼくも、もっと上手にお別れが出来るように、変わる時が来るのでしょう。

 

 

Facebookページのイイね!お願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
応援or順位確認お願いします。

前の記事
次の記事
Pocket