本当に謎の島に上陸してしまった

Pocket

スポンサーリンク

ブルネイに向けて、マレーシアボルネオ島のコタキナバルからフェリーに乗り込んだ、トシ コウタ ケンジの一行
これまでのいきさつは以前の記事をご覧ください→
“謎の国ブルネイに行った話 〜観光, 治安, ビザ,物価など〜その1”

 

 

フェリーは数時間の後にある港へ到着しました。

 

実はフェリーのチケットを買った時、船を一回乗り換えなさいと告げられていたのです。

そしてその乗り換えで着いたのが

 

 

謎に包まれた島 ラブアン島

 

税関の関係か、出入国の関係か忘れてしまいましたが、とにかく

ここがどこなのか、ここの国籍は何なのか、いまぼくたちはどこにいるのか

まったくわからない場所に降ろされてしまいました。

 

 

さらにぼくたちを驚かせたのが

 

 

 

 

 

 

 

この島、全体に免税措置がとられていた

 

島のどこの商店にいっても「TAX FREE」の文字

お酒もお菓子もタバコも、全てが免税で安く売っています。

しかもここは南国です、のんびりとした雰囲気で思わず叫び声が…

 

 

なんだここはー!!!

天国の島ラブアン島!!!

 

一同、当惑と感動を隠しきれません。

 

今回の記事、写真がありませんが、この島では写真を撮ることが出来ないため、しようがありません。もし気になる方は直接行って確認してみることをおすすめします。

 

 

 

 

乗り換えに要した2時間ほどの間、ここラブアン島での興奮のあまり、ブルネイの国がどうだこうだという考えが停止していました。

そして、これはぼくの大学の先生がおっしゃっていたことですが、

 

 

「ヒトは自分が信じたい物事を勝手に選んで信じているに過ぎない」

というお言葉があります。

この時ぼくたちは、まさに自分が信じたいことを、信じたいように信じていました。

 

すなわち、

 

 

ここはもうブルネイなんだと

ブルネイは天国の国なんだと

ここから乗り換えで船に乗っても、雰囲気は変わらないんだと

 

 

テンションはかつてないほどに上がります

曰く

 

 

おれたちのアドベンチャーは成功した

人が行ったことのない楽園を発見してしまったのだ

これを皆に伝えるべきか、否か。

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで記事のボルテージを上げたのには訳があります。

 

はい、

この話にはオチがあるからです。

次回、謎の国ブルネイ編 最終話に続きます。

 

 

 

ちなみに、

ラブアン島で写真が撮れないというのは

ウソです。

興奮のあまり、今回写真を撮ることを忘れていました。

ごめんなさい!

とにかく、次回に続きます!
次の記事はこちら→“謎の国ブルネイ観光 完結編 〜あまりにも暇な男3人がとった行動〜”

 

 

Facebookページのイイね!お願いします!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村
応援or順位確認お願いします。

前の記事
次の記事
Pocket